TRIO(トリオ)

アンプ

TRIO プリメインアンプ KA-7700D

都道府県
神奈川県横浜市のお客様
状態
B(並品)
kwd103408387-1

買取実績:6,500円

  • kwd103408387-1
  • kwd103408387-1
  • kwd103408387-4
  • kwd103408387-4
  • kwd103408387-5
  • kwd103408387-5

仕様・状況

神奈川県横浜市のお客様から、店頭買取のご利用で
TRIO プリメインアンプ KA-7700Dを高額買取させていただきました!
オーディオ買取専門店のカウマンにお売りいただきありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ブランド・商品説明】
1976年に,トリオ(現JVCケンウッド)が発売したプリメインアンプ。トリオは,プリメインアンプの分野で多くの名
機を生み出してきたブランドでした。1975年に,国産初の左右独立2電源方式のプリメインアンプKA-7300を
発売し,独立電源論争を巻き起こしました。また,1976年には,国産初のDCパワーアンプ搭載のプリメインア
ンプKA-9300を発売し,DCアンプブームを巻き起こしました。こうした技術的特徴を継承し,KA-9300の弟
機として発売されたのがKA-7700Dでした。

KA-7700Dの第1の特徴は,型番のDが示すとおり,DCパワーアンプ部を搭載していたことでした。DCアンプ
は,その名の通り,直流領域まで増幅性能を持つアンプで,そのために,信号経路からカップリングコンデンサー
を排除したもので,当時,トリオではNFループ内にもコンデンサーを持たないことを売りにしていました。この当
時,OCL(アウトプット・コンデンサーレス),ICL(インプット・コンデンサーレス)というように,信号経路からコンデ
ンサーを追放しようとする発想が広まり,「DCアンプ」とともに「ダイレクトカップリング」と称されて,各社のアンプ
に一気に広まっていきました。 信号経路,NFループ内に時定数を形成するコンデンサーを持たないDCアンプと
することで,低域の位相特性の向上,過渡応答特性の改善,超低域の安定した再生など多くのメリットがあるた
め,現在でもオーディオアンプでは常識となっています。

パワーアンプ部は,初段にFET差動を使った差動3段+パワーダーリントンブロックのICL・OCL・DCアンプとい
う構成になっていました。上述のように,入出力コンデンサーだけでなく,NFループ内にも時定数を形成するコン
デンサーを持たないため,超低域まで位相回転がなく位相差歪や過渡歪などの動的歪みの発生が抑えられてい
ました。パワーダーリントンブロックは,アイドリング電流調整部とASO(Area of Safety Operation=安全動作
領域)検出型リミッタープロテクションを内蔵したトリオオリジナルのディバイスでした。

イコライザーアンプ部は,差動2段+定電流負荷A級増幅による3段直結ICL方式となっていました。ローノイズ回
路素子を使い,最適定数を選択することなどにより,PHONO SN比83dB(2.5mV入力),RIAA偏差±0.2dB
というすぐれた特性を実現していました。

トーンコントロールアンプは,初段FET差動±2電源2段直結フラットアンプ+TREBLEコントロール,BASSコン
トロールという構成で,BASS・TREBLEはそれぞれ独立したNFB型トーンコントロールとなっていました。トーン
ジャンプで,完全にジャンプできるようになっていました。
ボリュームは,32ステップのアッテネーター式で,レバー式3ステップ(+10dB,0,-10dB)のゲイン切換を組
み合わせるこ とで,広範囲の音量調整が可能となっていました。このゲイン切換は,+10dBのポジションの搭載
により,出力感度の低いカートリッジに対しても対応できるようになっていました。
フィルター類は,定電流負荷回路を持つ低歪率設計NF型アクティブフィルターで,サブソニックフィルター(18Hz
12dB/oct)とハイフィルター(8kHz 12dB/oct)を搭載していました。また,ラウドネスコントロールは,2ステップ
切り替え式となっていました。さらに,ターンオーバー150Hz/600Hzの2段切換のラウドネススイッチが装備さ
れていました。
フロントパネルには,パワーメーターが搭載され,ワット表示で0.01W~100Wまでのレンジをカバーしていまし
た。

イコライザー部,トーンコントロール部,パワーアンプ部すべての入力から,音質劣化の原因となっている入力コン
デンサーを追放したICL方式を採用していました。また,トーンジャンプを使い,ハイフィルターとサブソニックフィル
ターをOFFにすれば,ゲイン20dBのフラットアンプからダイレクトにパワーアンプにつながることとなり,シンプルな
信号経路,回路構成を実現していました。

KA-7700Dの第2の大きな特徴は,電源部でした。トリオは,「ダイナミッククロストークの理論」を展開し,電源
部を介して片チャンネルに大入力があった場合にその電源変動がもう片方のチャンネルに動的歪みである「ダイ
ナミック・クロストーク歪み」を引き起こすということで,1975年,KA-7300で電源トランスから左右を独立させた
「左右2電源方式」を初採用しました。KA-7700Dは,左右独立で大型EIコアの電源トランスを搭載し,12,000
μFの大容量コンデンサーを4本使用した強力な電源部を搭載していました。さらに,プリアンプの電源もパワーア
ンプ部から独立させ,同一チャンネル内でのパワーアンプ部からのプリアンプ部への干渉も抑えていました。

以上のように,KA-7700Dは,当時のプリメインアンプの最上級機KA-9300に次ぐ高級プリメインアンプとして
同社の推進してきた技術的特徴を継承しつつ発展させた中身の濃い1台でした。しっかりと投入された物量に裏
付けられたクリアな音は機能的でシャープなデザインとも共通するトリオらしさを感じさせるものでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【簡易スペック】
定格出力:90W+90W
サイズ:W430×H149×D384mm
重量:16.7㎏
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お品物と一緒に思い出やこだわりもオーディオカウマンなら高額査定でお買取りいたします。
お見積りだけでもお気軽にご相談ください。

今回ご紹介した商品は店頭販売以外にヤフオク!、楽天市場にも出品しております。
他にも多数出品しておりますので、是非ご覧くださいませ。

ワットマンヤフオク店
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/wattmann0710


ワットマン楽天市場店で検索!
https://www.rakuten.ne.jp/gold/wattmann/


販売済の場合もございますのであらかじめご了承くださいませ。
在庫確認はオーディオカウマンにお気軽にお問合わせください。
TEL:0120-900-451  営業時間:11:00~20:00
※年末年始など営業時間が異なる場合がございます。
ピュアオーディオの中古買取/販売ならオーディオカウマンにお任せください!

いますぐ査定!カンタン無料査定へGO! いますぐ査定!カンタン無料査定へGO!

高く売るコツ

高く売るための4つのポイント!

  1. 他社と比較してください!他社の価格を教えてください! どこよりも高く、買取をいたします!
  2. リピーターになってください! 会員様限定の非公開買取価格をご案内します!
  3. 元箱、付属品を一緒に送付してください! 箱の状態は問いません、元箱がある方はプラス1,000円!
  4. 少しでも早くお売りください!  買い替え時が、売り時です!

買取の流れ

  1. PC、スマホからは24時間受付。査定のお申込 0120-900-451へどうぞ! PC、スマホからは24時間受付。査定のお申込 0120-900-451へどうぞ!
  2. 商品を発送 無料の宅配キットをご用意。もちろん送料は無料です。 商品を発送 無料の宅配キットをご用意。もちろん送料は無料です。
  3. 代金のお振込み 2営業⽇以内にお振込み!もし 査定結果にご納得頂けない場合は、 すぐにご返送します! 代金のお振込み 2営業⽇以内にお振込み!もし 査定結果にご納得頂けない場合は、 すぐにご返送します!

買取の流れ 買取の流れ